• 家族葬をやってみる

    人には避けたくても避けられない恐ろしいことがあります。



    それは死を迎えるということです。人は死後の世界を知らないために、死ぬことに対して非常に恐れを抱きます。

    しかしどれだけ裕福な人でも、貧しい人でも死ぬということはみな平等に訪れるのです。

    そのため死に対して目をそむけてはいけません。

    特に死を迎えたときに、葬式と言う今生最後のセレモニーを執り行います。

    この葬式は無料で執り行うことはできません。

    今生最後のセレモニーである葬式には非常に多くの費用が必要になるのです。


    葬式、火葬、埋葬、墓の建立となると一般的に200万年以上はかかるとも言われています。
    こうした費用を遺族に負担させるのは非常に苦労を掛けることになるので、死に対して真剣に向き合い、葬式をどのようなものにするのか生前元気なうちに決めておかなければいけません。



    現代の日本はデフレ経済から脱却できず、多くの人の給料が伸び悩んでいます。
    そのため生活で精一杯であり、自分の葬式のために200万円前後用意しておける人は少ないと言えるでしょう。



    こうした場合には家族葬を選択し、賢く自分の葬式のプランを組むのも良いでしょう。
    家族葬であると費用は一般葬の三分の一程度、つまり25万円前後あれば家族葬を執り行うことができるのです。
    家族葬は家族や親せきなどごく限られた親族だけが参列する葬式なのです。
    小規模であるものの、故人とじっくり向き合える点で非常に満足のいく葬式になるのです。