• 家族葬についての考察

    超高齢化社会と言われる日本で家族の死やその葬儀のあり方を考えておくことは非常に大事なことと言えます。

    特に両親の交友関係などは遺族にとって分からないことも多いものです。



    突然亡くなることもあり、高齢の両親を抱えた場合にはある程度事前に交友関係などを聞いておくことも大事です。

    また身内が亡くなると、悲しみに暮れてしっかりとできず、葬儀社の言われるままに葬式プランを決めてしまい、後で莫大な葬儀費用に悩まされることもあるのです。こうしたトラブルに巻き込まれずに、遺族に迷惑かけないためには元気なうちに葬儀プランや費用を検討しておくことが大事です。

    最近はどの葬儀社も生前相談と言うものを無料で受け付けているのです。

    生前相談では葬儀のプロフェッショナルのコンシェルジュがついてくれ、自分の予算や参列者の人数に合わせて様々な葬儀プランを提案してくれます。特に現代は不況でデフレ経済のためにリーズナブルで小規模の葬儀が人気です。

    その代表的なのが家族葬であると言えるでしょう。



    家族葬とは訃報を多くの人に伝えず身内だけに限り、小規模で執り行う葬儀を指します。

    参列者が少ないので広い会場が必要ありません。



    そこでまずコストが大幅にカットできるのです。


    また返礼品や食事の用意も必要ないのでコストカットが可能です。

    また最近では15万円前後で出来てしまう直葬なども人気になりつつあります。
    日本はデフレ経済から脱却できずこうした安い家族葬と言った葬儀に人気が集中する様になっているのです。

  • よく解る情報

    • 人には避けたくても避けられない恐ろしいことがあります。それは死を迎えるということです。...

  • 大人の常識

    • 元気はつらつとしている若者であっても次の日に不慮の事故で亡くなることがあります。また高齢になってくるといつ死が訪れるか分からないのが実情です。...

  • 生活の重要知識

    • 故人を必要最小限の儀礼とごく身近な人たちでお見送りする家族葬が近年広まってきています。遺族が来客者への対応に終われることなく故人とゆっくりお別れすることができる、周囲の方々に負担をかけたくない、返礼品などがないため費用を抑えられるといったことが支持される理由です。...

  • ためになる情報

    • 「家族葬」は家族やとても親しい人だけで故人をおくる葬儀の形であり、全体的に小規模で行われるという特徴があります。しかし、小規模で済むからといって、必ずしも「安く」できるとは限りません。...