• 家族葬は安く済むものなのか

    「家族葬」は家族やとても親しい人だけで故人をおくる葬儀の形であり、全体的に小規模で行われるという特徴があります。


    しかし、小規模で済むからといって、必ずしも「安く」できるとは限りません。



    確かに、一般的な葬儀を行うとなると、それなりの費用がかかります。葬儀会社と手続きを行い、通夜・葬儀・告別式の会場の手配を行う必要があります。


    さらに、葬儀・告別式に参列した方に対しては香典返しを渡す必要があります。一方、家族葬の場合はごく親しい人のみで行うため、広い会場は必要としません。
    親しい人のみで行うため会場に飾る花の数も少なくて済みますし、会場に来た方に対しての香典返しもあまり必要ありません。



    けれども、葬儀の場合「参列者が少ないと葬儀の費用も安く抑えられる」とは限りません。



    なぜなら家族葬の場合、葬儀を開くのはほぼ身内となるため、葬儀・告別式当日の香典は少なくなります。

    葬儀の費用は決して安くはありません。
    そのため、香典を少しでも足しにする人は少なくありません。
    けれども、家族葬の場合それは難しいことなのです。
    また、葬儀・告別式当日には「香典返し」は必要ないのですが、後から香典を頂く場合が少なくありません。

    その場合でも、やはりある程度の香典返しは必要となります。


    つまり、家族葬にしたからといって必ずしも香典返しがいらないというわけではないのです。

    現在、葬儀には様々な形があります。
    予算の問題もあるとは思いますが、最も大切なのは故人の希望に添うことです。ただ、どの程度費用がかかるのか、メリットとデメリットはどのようなことがあるのかなどを事前に知っておくことも重要です。