• 家族葬の大事なこと

    元気はつらつとしている若者であっても次の日に不慮の事故で亡くなることがあります。
    また高齢になってくるといつ死が訪れるか分からないのが実情です。


    どんな人であっても自分の命がいつまで続くかなど分からず、明日天国に召されてもおかしい事ではないと言えるでしょう。



    そのため真剣に自分の死に関して考えることは非常に大事であると言えるのです。

    とくに自分の最期のセレモニーである葬式をどのようにするかと言ったことは真剣に生前考えておく必要があるのです。

    葬式は簡単にできるものではありません。訃報をどの範囲まで伝えるのか、葬式の規模はどのくらいにするのか、返礼品はどういったものを用意するかなど遺族任せにしていると迷惑をかけることになるのです。

    そのため元気なうちから生前相談などで、自分の葬式プランを立てて置く音が大事なのです。最近では生前相談で小規模の葬式を希望する人が非常に増えているのです。
    それは葬式の費用が安くつくからです。
    家族葬などは葬儀プランの中で最も人気のある葬式になっているのです。
    家族葬とは訃報を広範囲には伝えず、家族や親せきのみに限定し、小規模で執り行う葬儀を指すのです。



    この家族葬であれば葬儀費用は30万円を切ると言われています。



    この葬式であれば自分で費用を貯めて捻出することができるのです。小規模であるからと言いって寂しいものではなく、アットホームで心が温まり、思い出深い葬式になったという人が多いのです。