• 家族葬に適している方、適していない方

    故人を必要最小限の儀礼とごく身近な人たちでお見送りする家族葬が近年広まってきています。

    遺族が来客者への対応に終われることなく故人とゆっくりお別れすることができる、周囲の方々に負担をかけたくない、返礼品などがないため費用を抑えられるといったことが支持される理由です。しかし全ての人に家族葬がふさわしいわけではありません。

    ここではどのような人が適しているのか、なぜ適さない場合があるのかについて解説していきます。

    家族葬は身内だけで行う葬儀なので、遠い親戚や近隣の住民、故人や遺族と仕事上の付き合いがあった方々などの列席は遠慮してもらわなければなりません。

    そのため社会との接点が少なくなった高齢者や親戚縁者の少ない方には向いていますが、今現在多くの方々と交流を持っている方には不向きといえます。


    ただし現役世代であっても自死など特別な理由で死を周囲に報告しにくい場合には適しているといえます。



    また家族葬では供花やお供物などのお供えがないので、通常の祭壇と比べて小規模でシンプルなものになります。



    故人を立派な葬儀で見送ってあげたいと考えている場合は向いていません。



    また、たとえ家族だけで葬儀を行ったとしても仕事関係者やご近所への報告と挨拶はマナー上からも必要です。

    あとから訃報を知った知人が葬儀に参加できなかったことを悔やんだり起こったりするという事案も発生することがあります。
    家族葬を選択する場合にはそれらの事情も考慮することが大切です。